豊秋奨学会
トヨアキショウガクカイ
menu
紹介
年表
定款
役員名簿
情報公開
募集要項

 豊秋奨学会の年表

設立及び、設立以後の経過
   昭和35年 7月15日
   設立許可申請のための必要書類準備
設立趣意書、寄付行為、奨学規定、財産目録、
   設立後4年間の事業計画、収支予算など
   昭和35年 8月1日
   設立許可申請
   昭和35年 11月9日
   文部省(文部大臣荒木萬壽夫氏)より設立認可
   昭和35年 11月17日
   設立許可書受領
   昭和35年 11月22日
   設立登記
  昭和36年 1月31日
   第一回理事、評議員会を開催
事業計画、収支予算可決、奨学生選考委員委嘱
  昭和36年 4月1日
     奨学事業開始
時習館高校、旭丘高校、名古屋大学学部、  
名古屋大学大学院、各1名(指定校制)に授給
 以後、年間の奨学生人数、漸増していく
  昭和62年
   奨学振興の本義に沿い、下記の改革と新規事業を実施
  (1) 奨学金貸与制から給付制への移行
  (2) 外国人留学生に対する奨学金の新設
(創設者の遺志を汲み、対象を中国人留学生に限定)
  (3) 研究者海外渡航旅費助成制度の新設
  (4) 関係者のふれあい、および渡航研究者の成果発表の場として、同窓会兼国際交流会の年一度の開催
  (5) 会報の定期的発行 (名簿の作成、更新も含む)1年1回
  (6) 年誌の発行(30年誌、40年誌、50年誌発行済)
  平成13年

国税庁及び愛知県教育委員会の指導により、寄付行為、奨学規定などの変更を始める。
財団の資料公開のため、ホームページ作成

平成15年 12月1日
豊秋奨学会と名称を変更、刈谷市に移転
  平成17年 
研究者助成事業開始
  平成19年 
明和高校授給開始
平成23年 
新公益法人制度での移行認定を受け、公益財団法人豊秋奨学会への移行が実現